HOME 会社概要 アクセスマップ お問い合せ
     
施工実績集
注文住宅
リフォーム
太陽光発電システム
OMソーラー
住宅関連情報
不動産情報
 
   OMソーラー
  >特徴 >しくみ >冬のOMソーラー >夏のOMソーラー >効果
 
  太陽の熱と空気で部屋を暖めたりお湯をつくったりするOMソーラー  
 

OMソーラーの基本的なしくみは、「@集める A貯める B上手に使う」です。
冬の床暖房は、太陽の熱を集めて床下に送り、その熱で床を暖めます。
OMの家に限らず、建物は、建物自体が一定の熱を蓄えながら外界から
熱を吸収したり、熱を奪われたり、とい
うことを繰り返しています。
そして、この熱のやりとりのバランスによって室内の温熱環境が決まります。
やりとりがうまくいくよう、ある程度コントロールし、四季を通じて心地よく
過ごそうというのがOMソーラーです。

 
  @集める(屋根で集熱) @ 集める(屋根で集熱)

ソーラーというと太陽光を思い浮かべる人も
多いと思いますが、OMソーラーが利用する
のは、太陽の「熱」。

どの家にも存在し、太陽エネルギーをたく
さん受ける屋根全体を受熱体として、
太陽から降り注ぐ熱を集めます。
 
       
  A貯める(床下に蓄熱) A 貯める(床下に蓄熱)

屋根で集熱した温かい空気を、ダクトを介
して 運び、コンクリートに熱を蓄えながら
床下全体にまわします。
熱容量の高いコンクリートを、熱の貯蔵庫
として利用します。
 
 
   
  B上手につかう(断熱・気密) B 上手につかう(断熱・気密)

夕方、外気温の低下とともに床下の
コンクリートに蓄えた熱がゆっくりと放熱を
始めます。
日中蓄えた熱を、翌朝にかけて少しずつ
使えるよう、バランスの良い断熱・気密
計画が大切です。
 
  冬の心地よさを決める要素〜家の中の温度差がないこと〜  
  暖房機器で人が暖まろうとするのではなく、
壁、床、天井の表面温度を上げることによっ
て、身体から奪われる熱量が少なくなり、
心地よさが増す。
 
   
このページのTOPに戻る  
 
 
Get Flash Player
このサイトをご覧になるには
  Flash Playerが必要です。
OMソーラー協会加盟店
(株)高山建設
〒889-4411
宮崎県西諸県郡高原町
大字広原152番地
TEL .0984-42-2601
FAX .0984-42-4331
Copyrights(C) TAKAYAMA Co.,Ltd All Rights Reserved.