HOME 会社概要 アクセスマップ お問い合せ
     
施工実績集
注文住宅
リフォーム
太陽光発電システム
OMソーラー
住宅関連情報
不動産情報
 
   OMソーラー
  >特徴 >しくみ >冬のOMソーラー >夏のOMソーラー >効果
 
  夏の昼はお湯をたっぷり  
 

夏の昼は、屋根の熱でお湯をつくった後、余った熱を屋外へ排出します。
お湯採りは、地域差はありますが春〜秋にかけて30〜35℃のお湯が
1日約300Lつくれます。

 
 
 
  □採涼排気システム「DOMAくーる」  
 

夏を涼しく住まう工夫として、OMでは採涼換気システム「DOMAくーる」を
ご提案しています。

暑い外気をそのまま室内に入れるのではなく、床下を経由させることで、
土間コンクリートに蓄えられた冷熱を利用して、外気温よりも低い温度の
空気を室内(床上空間)に送るしくみです。
常に外気を取り込むため、室内の温度を抑えながら換気できます。
機械的な冷房のようにはいきませんが、夜間外気取り込み
(下記「夏の夜」参照)を併用することで、より効果的に自然エネルギーを
利用できます。

できる限り環境に負荷をかけずに夏を過ごしやすくする、OMソーラーなら
ではの工夫です。

 
  DOMAくーる  
  夏の夜を涼しむ工夫  
 

夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。
この放射冷却を利用して、温度の下がった空気を室内に取り込む
「夜間外気取り込み」を行います。「冷房」とまではいかないものの、
自然を活かした採涼方法です。
※効果は地域によって異なります。

 
   
このページのTOPに戻る  
 
 
Get Flash Player
このサイトをご覧になるには
  Flash Playerが必要です。
OMソーラー協会加盟店
(株)高山建設
〒889-4411
宮崎県西諸県郡高原町
大字広原152番地
TEL .0984-42-2601
FAX .0984-42-4331
Copyrights(C) TAKAYAMA Co.,Ltd All Rights Reserved.