HOME 会社概要 アクセスマップ お問い合せ
     
施工実績集
注文住宅
リフォーム
太陽光発電システム
OMソーラー
住宅関連情報
不動産情報
 
   OMソーラー
  >特徴 >しくみ >冬のOMソーラー >夏のOMソーラー >効果
 
  冬の昼は暖房しながら換気を促進  
  OMソーラーは、太陽の「熱」と「空気」を使って家を暖めたり、お湯をつくったりします。
原理はシンプルですが、建物自体をしくみとして利用するため、暖房器具のように
ポンポンと設置することはできません。屋根や開口部、床などの建築的工夫によって
太陽熱利用を考えていきます。
 
  OMソーラーでは、屋根全体を集熱に利用します。冬、軒先から取り入れた
外気を屋根で受ける太陽熱で温め、その温かい空気をハンドリングボックスに
集めます。集められた空気は、立ち下がりダクトを介して床下に送られ、
基礎の蓄熱コンクリートに熱を蓄えながら床下空間に広がります。

 
  冬の昼間  
  蓄えられた熱は、太陽が沈んだ夕方から翌朝にかけて放熱して床を暖めます。
床全体を暖めるため、家の中に温度差が生じにくく、1日を通してほんのりと
自然な温熱環境が実現します。
また、システムの稼働中は常に新鮮な外気を取り込むため、暖房しながら
換気が促進される点も、大きな特徴です。
 
  冬の夜  
このページのTOPに戻る  
 
 
Get Flash Player
このサイトをご覧になるには
  Flash Playerが必要です。
OMソーラー協会加盟店
(株)高山建設
〒889-4411
宮崎県西諸県郡高原町
大字広原152番地
TEL .0984-42-2601
FAX .0984-42-4331
Copyrights(C) TAKAYAMA Co.,Ltd All Rights Reserved.